前の記事でエイジングケアにもちょっと興味が出てきたわたくしでございます。毛穴が目立たなくなってきたので、次のエイジングケアを探していたところ、こちらのプラセンタ原液100% サラブレッドプラセンタ原液を見つけました。
【レビュー】エレクトーレはたった10秒の簡単エイジングケアでした
プラセンタ原液 プラセンタの原液とは・・・なんだか気になります。

究極のエイジングケア美容液

プラセンタ原液 プラセンタを研究しているプラセンタサロンが徹底的にこだわって完成した極上美容液プラセンタ原液だそうです。  

そもそもプラセンタとは?

プラセンタとは・・私の知っている限り赤ちゃんとお母さんをつなぐ胎盤のことですが、調べてみてもやっぱり胎盤のことでした。最近ではそれが美容にいいとして使われることが増えてきたそうです。 今回ご紹介するプラセンタは北海道産サラブレッド(馬)のプラセンタですが、ヒトやブタの胎盤も使われることがあるそうです。  

加水なしのサラブレッドプラセンタ原液100%

水を加えていないので、プラセンタそのものということですね!プラセンタはそのままだと気になる臭いがありますが、独自製造により、成長因子を多く残すことができ臭いが軽減できたそうです。

7つの特徴

No.1 加水なしの原液100%

プラセンタ成分表 濃いプラセンタを抽出するため、加水は行っていないそうです。成分表に書かれていないですね。プラセンタエキス100%の贅沢な美容液です!

No.2 北海道産サラブレッドのプラセンタ

先ほども記載したとおり、プラセンタには馬プラセンタ以外にもブタや海外のプラセンタなど種類がたくさんあります。こちらのプラセンタ原液は、厳しい検査に合格した北海道のサラブレッドのプラセンタのみ使用しています。

No.3 タンパク質が分解されない非分解プラセンタ

分解するとそのものの効果が低くなるといわれているプラセンタ。一般のプラセンタはコスト面などを考えて分解酵素によって分解されたプラセンタをしようしているそうです。 こちらのプラセンタはタンパク質が分解されないまま残る、非分解プラセンタを使用しています。

No.4 低温殺菌で成長因子が残っています

低温の遠赤外線殺菌をすることにより、たんぱく質の非分解性を保ち、成長因子を多く残す、独自低温殺菌方を行っているそうです。

No.5 独自の製造過程で臭いを軽減

プラセンタって、こういう言い方はあれですが、内臓の一部ですよね(笑)絶対に臭いがあるとおもいます。 そこでこちらのプラセンタサロンでは独自の製造過程で臭いを軽減することに成功し、プラセンタの品質を重視して、品質劣化につながる部分は破棄しました。

No.6 7つのフリー処方

無香料、無着色、パラベンフリー、鉱物油フリー、酸化防腐剤フリー、紫外線吸収剤フリー、アルコールフリー 。なので、肌が弱い方などにも使えそうですね!

No.7 鮮度と衛生面を考えた使いきりタイプ

顔だけでなく首やデコルテ部分まで使える量になってます。お泊りにも便利そうですね。 正直これ、初めて見たときに思いました。試供品みたいだなと。でも、そういう理由があったんですね!確かに納得です。

どうやって使うの?

洗顔後、すぐに1袋(1ml)を手のひらに出して顔全体になじませます。 そのあとにさらに普段使っている化粧水などでお肌を整えます。

実際に使ってみました

プラセンタ 実はあてくし、初プラセンタです・・・ドキドキ。 プラセンタ これが1mlですか。結構多いんですね。少々黄色い気がしました。とろみも感じました。臭いはそのまま嗅いでみても全くありません! 顔全体に塗ってみました。塗ってるときは嫌な臭いではない何かの臭いはすこーーーーしだけ感じた様な気がします。全くくさくはないです。 ちょっとこぼれたwww勿体無いwwwwとか言ってる間にどんどん浸透していくのがわかりました。なんだこの浸透力!!もうなくなっちゃった!! その後のお肌はさらさらしていますが、これは美容液なので、すぐに化粧水を塗らないといけないんですね。 また使ってみたいと思いました。