プラセンタ たるみ 顔のたるみは加齢による老化のためだと諦めていませんか?何もしなかったらそのままですが、老化にも精一杯抵抗すれば、まだまだそれなりに若くいられるはずです。 顔のたるみの原因が何かを知ることで、予防方法を見つけられるかもしれません。

顔のたるみの原因

顔のたるみの原因は老化による衰えだけでなく、生活習慣による原因、外的要因などいろいろあります。

老化による衰え

逃れられない事実として誰もが老化しますよね。老化により引き起こされるたるみの原因はハリ・弾力の衰え表情筋の衰えがあります。年をとるにつれコラーゲンの減少などで皮膚が弾力を失い、ハリがなくなっていきます。ハリと弾力が減少することにより、重力にひっぱられて皮膚がたるみます。

生活習慣による原因

生活習慣による原因には、喫煙睡眠不足ストレス姿勢などがあります。 喫煙をするとニコチンで血管の収縮作用で血管が細くなり、血行が悪くなります。血行が悪くなることでお肌や筋肉に栄養が回りにくくなります。タバコは顔のたるみの原因のひとつ。 夜更かしは肌に悪いと言われているのはまさにその通りで、22時~2時までの間が成長ホルモンを最も分泌し、ターンオーバーが行われます。その時間に眠っていないと、顔のたるみや目の下のたるみに影響します。 ストレスが溜まるとストレスホルモンを分泌し、血行不良や免疫機能低下などを引き起こします。肌のターンオーバーも正常に行われなくなり、たるみの原因に。 姿勢の悪さも顔のたるみに影響します。猫背になることによって顔が前に出て、顔の重心が背骨で支えられていないため、重力で頬が下へ引っ張られてたるみの原因となります。

紫外線による乾燥

プラセンタ たるみ 皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層になっています。このうち真皮にはコラーゲンとコラーゲンを網目状に結びつけるエラスチンが表皮を内側から支えていますが、紫外線によりコラーゲンが破壊されたるみの原因となります。

顔に出来るシワの原因

シワも老化現象の一つです。シワには、小じわ、大じわ、表情じわ、ほうれい線があります。

小じわ(ちりめんじわ)

小じわは一時的に表面の皮膚に細かくできるシワのことです。乾燥によって水分が不足していることが原因です。

表情じわ

笑ったり、表情を作るときにできるしわのことですが、若いうちは弾力がありすぐに戻ります。年齢を重ねると表情を作るたびに何度も折りたたまれ、いずれ真皮に固定化されていきます。

大じわ(真皮じわ)

大じわは老化による弾力低下で真皮まで深く入ったしわのことです。コラーゲンやエラスチンの減少などによりできます。眉間やほうれい線、おでこに刻まれた大じわは一度できると中々消すことができません。

顔のたるみ・シワの予防方法

原因がわかったら、できるかぎり予防をしましょう!

年齢肌によるたるみ・シワの予防

年齢を重ねた肌のたるみとシワは完全に防ぐことはできませんが、スキンケアによって遅らせることはできます。 毎日保湿性の高い化粧品などでお肌の保湿ケアをしっかりとし、ハリとうるおいのあるお肌を保つことが大切です。 紫外線もお肌の大敵なのでUVケアも忘れずに。

生活習慣によるたるみ・シワの予防

頬杖をつく、横向きに寝ることによってしわを深くすることがあります。頬杖をつかないようにしてなるべく仰向けで寝るように心がけること。 片方で噛みながら食事をすることもたるみの原因になるので、両方で噛むように心がけて、堅いものも食べるようにしましょう。 表情筋のエクササイズやマッサージも効果的。 表情筋はその名の通り表情を作る筋肉で、目や口や鼻などを動かします。60種類ほどあり、その中でも前頭筋、眼輪筋、頬筋、口輪筋、頤筋がたるみやしわに重要に関わっています。 顔のすべてをギュッと閉じてから全部あけたり、上を向いて舌を出したり回したりするエクササイズがあります。こういった顔の運動で表情筋が鍛えられ、たるみやシワを予防できます。

出来てしまった場合の解消方法

すでにできてしまった場合でも、ちゃんとしたケアをしていれば完全に元通りにならないにしても現状を保つ、劣化の早さを緩めることはできます。

毎日のおすすめスキンケア

毎日のスキンケアはたるみやしわなどに影響するアンチエイジングに大きく関わってきます。基礎化粧品から見直して、対策をするのがおすすめ♪ 保湿性の高い化粧品を選ぶことでツヤとハリが出てたるみの解消につながります。プラセンタが入った美容液は、エイジングケアに最適で、毎日のスキンケアに加えたい成分ですね。 プラセンタ原液100%をレビューしている記事では毎日のスキンケアに加えて極上の馬プラセンタ美容液を使用した結果を記載しています。

表情筋エクササイズによるたるみ解消法

予防項目でもご紹介したエクササイズは、できてしまってからでも効果的です。口を大きく開けてあいうえおの形を作ったり、とにかく表情筋を鍛えることで、しわやたるみの悪化を防ぎます。

美顔器によるたるみ解消法

美顔器もたるみに効果的な商品がたくさんあります。美顔器と言っても色々な効果がありますが、たるみに効果を発揮するのはEMS(低周波)を搭載した美顔器。EMSは低周波の電流を流して直接筋肉に働きかけ、運動をさせます。表情筋を鍛えることでたるみ解消につながりますよ。

食生活で取り入れたいたるみ解消に効く食べ物

プラセンタ たるみ ・イソフラボン 大豆イソフラボンと女性ホルモンのエストロゲンの働きは似ています。エストロゲンはコラーゲンの生成を助けていますが、年を重ねるごとに減少していきます。コラーゲンの減少により、しわやたるみにつながるので、イソフラボンを多く含む納豆や豆腐、きなこなど、大豆そのものを使用した製品などを食べるのがオススメ! ・コラーゲン コラーゲンは皮膚の約70%を締めていて、保湿効果もありハリを保つ働きをします。牛筋や鶏皮、豚足などに多く含まれています。 ・ビタミン ビタミンには抗酸化作用があり、アンチエイジングと肌のハリに効果的です。ビタミンCはエストロゲンと同じく、コラーゲンの生成をします。メラニン生成の抑制や無色化などの働きもあるので美白効果も期待できます。 ビタミンを多く含む食材は、 ビタミンA・・・ほうれん草、レバーなど ビタミンB1・・・豚肉など ビタミンB2・・・うなぎ、卵など ビタミンC・・・レモン、キウイ、アセロラなど ビタミンE・・・カボチャ、アーモンドなど

エステや美容整形による解消法

お金をかけられるのであれば、エステサロンのフェイシャルエステや美容整形でボトックス・ヒアルロン酸注射、リフトアップの施術などで若返り効果を得ることもできます。治療ではないので全額自費ですが、かなり効果が得られると思いますよ。

たるみが原因で老けて見られないために

プラセンタ たるみ 老けて見られる原因は、頬や目の下のたるみ、おでこやほうれい線などのしわによるものが多いです。黙っているだけで怒っている印象も与えてしまうので、表情筋のエクササイズはとても大事ということがわかりました。 また、若い20代のうちにプラセンタを取り入れた基礎化粧品を取り入れておくことで、数年後後悔しないでいられます。たるみが気になる方は、食生活を見直して紫外線対策やプラセンタを取り入れたスキンケアをすることでたるみの予防・解消につながるのでおすすめですよ。