こどもでも飲める青汁ってあるの?グビグビ飲める苦くない青汁のすすめ 現代は、野菜の栄養素も昔より低下していると言われています。ビタミンやカルシウム、食物繊維をしっかり取りたいなら栄養補助食品として、手軽に栄養を補える青汁をおススメします。 でも青汁って、あの青臭さや苦みが苦手でこどもには不評ですよね。健康や美容を意識する女性やこどもでも飲める青汁についてご説明します。

青汁はどうして苦いの?

こどもでも飲める青汁ってあるの?グビグビ飲める苦くない青汁のすすめ 青汁は、ケール、大麦若葉、明日葉などが主な原料です。野菜の王様と称されるほど栄養価が高いケールに、苦味の原因があります。 ケールはとても栄養価が高い代わりに、苦味や辛味もあります。苦味成分の元は「スルフォラファン」という成分で、解毒や抗酸化作用に優れ、ガンの予防効果もあるとされています。辛味成分の「イソチオシアネート」にも同様の作用があり、血液の凝固を抑え血液をサラサラにする効果もあります。

こどもはいつから青汁が飲める??

こどもでも飲める青汁ってあるの?グビグビ飲める苦くない青汁のすすめ 青臭くて苦いため、こどもには総じて不評な青汁ですが、栄養効果を考えるとぜひ飲ませたい栄養補助食品です。こどもはいつから青汁を飲んでもいいのでしょう? 青汁は食品ですので、何歳からでも飲むことができます。ただし離乳食を終えたばかりの赤ちゃんや胃腸が弱いこどもには量を加減して少しずつ与えるなどの配慮が必要です。

健康のために子供に青汁を飲ませたい

こどもでも飲める青汁ってあるの?グビグビ飲める苦くない青汁のすすめ 野菜嫌いや偏食しがちなこどもの栄養不足を解消したいから、青汁を飲ませたいと思うお母さんもたくさんいらっしゃるでしょう。最近の青汁は、製造過程や配合成分などで苦味を軽減する工夫がなされており、以前よりも苦くてまずいのが青汁というイメージが覆されています。 それでも気になる場合は、ケールではなく比較的飲みやすい大麦若葉や明日葉が主体で作られた青汁を選ぶと良いでしょう。また、フレーバー入りの青汁や、または甘みのあるフルーツジュースで割った青汁も比較的こどもには飲みやすくなります。 また、クッキーやパンケーキに混ぜておやつとして食べさせるのも、抵抗なく青汁を摂取する方法!健康や美容のため、手軽に毎日青汁を飲みたい女性にも、お勧めの方法です。

こどもでも飲める青汁ってあるの?グビグビ飲める苦くない青汁のすすめ

野菜を食べていても、野菜の栄養素が昔より不足している現代、青汁で手軽に栄養素を補うことができます。苦味がネックな青汁ですが、ケール主体を選ぶのか、大麦若葉や明日葉が主体のものを選ぶのかで、飲みやすさが格段に違ってきます。 また、甘みを足すことでも飲みやすさをかなり改善することができます。青汁は私たちが健康になるのに、とても効果的な食品です。健康であるということはすなわち美容にも効果的と言えます。飲みやすい青汁であれば、継続して取り続けることが可能! ビタミンやカルシウム、食物繊維が豊富な青汁があれば、美容と健康の強い味方です。ぜひ、毎日の生活に取り入れましょう。 こどもでも飲めちゃうおすすめの青汁レビュー記事もあわせてご覧ください。
GREEN MILKレビュー!美容にもよく保育園でも採用されてる青汁を試してみた