ニキビができにくい肌になるための6つの方法 水光(ムルグァン)肌ってきいたことありますか?韓国で潤いと艶のある健康的な肌のことを水光肌と形容するそうです。水光肌は究極のきめ細かい肌で、もちろんニキビなどありません。身体の中から・外からケアし、ニキビのできにくいライフスタイルを手に入れて、美肌を手に入れましょう。

ニキビができやすい肌とできにくい肌の違いって?

ニキビができにくい肌になるための6つの方法 ニキビができにくい肌は、肌の生まれ変わりサイクルが正常に働いている肌です。肌の角質の新旧交代がきちんと行われているかどうかが、一番大切です。反対にニキビができやすい肌は、肌の新陳代謝がきちんと行われないということが、原因として上げられます。 肌の生まれ変わりサイクル(ターンオーバー)を正常にする為に、食生活を整えること、そして外側から適切なケアをすることが必要です。

ニキビと関係の深い食べ物

ニキビができにくい肌になるための6つの方法 栄養のバランスに気をつけ、偏りのない食事を心がけることが大切です。果物や緑黄色野菜はビタミンが豊富に含まれているので、積極的に摂取するといいでしょう。それと同時に、ニキビは皮脂が詰まった結果生まれるものなので、皮脂線の増加を促す動物性脂肪や糖質の摂取を控えることが大切です。 ビタミンB群は新陳代謝を促し、新たなニキビを防ぎ、ニキビができにくくする効果があります。そのビタミンB群の吸収を妨げるのが、コーヒーなどに含まれるカフェインです。アルコールも糖分が多く含まれるのは、皮脂線を活発にします。

ニキビができにくい肌になるために大切なこと

ニキビができにくい肌になるための6つの方法
1. ビタミンやミネラル、コラーゲンや食物繊維が豊富に含まれる食生活を心がける 2. 皮脂線の増加を促す動物性脂肪や糖質の摂取を控える 3. 内蔵に負担がかかる香辛料などの刺激物を控える 4. ビタミンBの吸収を低下させるカフェインや糖質の多いアルコールの摂取を控える 5. 肌をさわらない、刺激しない 6. 保湿をきちんと行う
上記6つを心がけることが大切です。 基本は身体の内側からのケアがニキビには効果的です。ビタミンB群の吸収を低下させる要因を取り除き、かつ、積極的にビタミンやミネラル、コラーゲンや食物繊維を摂取することを心がけましょう。さらに、肌を清潔に保つことと保湿を心がければ、非ニキビ体質を手に入れることができます。

まとめ

ニキビができにくい肌になるための6つの方法 薬を塗るなどで一時的にニキビが小さくなることはあります。しかし、またニキビが悪化すると結局は一喜一憂することになります。非ニキビ体質を手に入れるには、時間が必要。体質改善をするには、あきらめずに日々美肌に向けてできることに取り組むこと。時間はかかりますが取り組んだ分、身体は必ず答えてくれます。 一度、非ニキビ体質になったら、後は多少ニキビにタブーとされることをしても、大丈夫です。ニキビを悪者にしたい気持ちは分かりますが、ニキビという結果は必ず、ライフスタイルという原因があることを忘れないで下さい。原因を取り除けば、必ずニキビ知らずの水光肌のような究極の美肌は実現できるのです。 おすすめの記事はこちら
【レビュー】あごニキビはパルクレールジェルで対策!大人ニキビの原因とは?