化粧に全く興味がないけどないなりにお化粧に触れる機会はあるのです・・。結婚式で初めて使ってもらったブラシ形?筆?のファンデーションぬるやつとか。一時期粉ファンでをブラシのようなもので薄塗りするのがマイブームだった時期が私にもありました。 SIGMA 今回、アメリカで人気のSIGMA BEAUTYというメーカーの化粧道具を使う機会があったのでご紹介します。

アメリカの人気コスメ・メイクアップSHOP!!SIGMA BEAUTY★

SIGMA BEAUTYとは?

勿論私は初めて聞きましたが日本ではどの程度なじみのあるメーカーなのでしょうか。 SIGMA BEAUTYは2009年に設立しました。設立者の中に、アメリカ・ミネソタ州のオフィス分子生物学の日本で言う博士号を取得した研究者もいます。 SIGMA BEAUTY 化粧品や化粧道具には豊富なカラーがあり、日本では見つけることができないコスメや高価なブラシが低価格で購入できます。ブラシをパッと見た感じでも種類がたくさんあって、私には全部は使いこなせないのが一目瞭然です!(笑) 世界各地のアーティストも愛用しているそうです。 SIGMA BEAUTY こんなに大きいのもありました!何に使うんでしょうか・・これはきっと顔全体に塗るファンデーション用ですね!(多分)

実際に使ってみた

SIGMA BEAUTY 今回私が使ったのはE55 – EYE SHADING BRUSHというもの。アイシャドウ用のブラシです。 SIGMA BEAUTY この毛は水洗いもできて耐久性があり、清潔が保てます。ソフトなファイバーで作られており、さわり心地がいいです。 SIGMA BEAUTY アイシャドウをつけて、アイホールに塗ってみました。 SIGMA BEAUTY いつもは指で適当に塗っていた私。ブラシでアイホール塗りやすい! そのまま、同じものを使っていいのかわかりませんでしたが、二重の幅にもう少し濃いアイシャドウを塗りました。 ※写真は撮ったのですがどうみてもホラーなので掲載は控えさせていただきます(笑)

個人的感想

目の写真を撮ってみて、気付いたことといえば、すっごいBBAだなということ(笑) あとは、比較対象がないんですが、このブラシがとても使いやすかったことです。指でいつも適当にやっていたのでそれより良いのは当たり前だのクラッカーですが、狙いが定めやすく、ムラなく自然に塗ることができました。 アメリカでは多数のメディアで紹介されています。VOGUEやELLEなど・・・それ以外は存じ上げないものですが他にも10個以上がpressしているようです。ブラシケースもとてもオシャレだったり、化粧品も種類がたくさんあるので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

化粧品・メイクブラシ・ブラシケアアクセサリーのアメリカ発大人気ショップ!